本当のSEO対策(検索エンジン上位表示)

SEO対策で売上を上げようかと思うと、必ずといっていいほど何処かのSEO業者様に依頼した方が良いと考えることもあるかと思います。

単発的なキャンペーンなどは別として、自社サイトの順位を上げるのに、お金を払い続けて維持していればよいという考え方は少し危険ではないかと思います。

SEO対策はビジネスモデルで既に決まっている

私が運営していた建築図面作成の受注サイトでは、15年以上、希望のキーワードで検索エンジンの上位にいくつもランキングされていました。

それにはどんな特別なことをしたのか?

結論からいえば、特別なことは何にもしなくて結果的にそうなりました。

それはなぜかといいますと、「取り組んでいるビジネス」で既に勝負が決まっているということです。

あなたのビジネスが「誰もがやっている」ものである場合、同じビジネスをしている人がたくさんいて、同じようなホームページがたくさんあります。

あなたも同じように運営していたとすれば、多くの同じようなホームページに埋もれて終わってしまいます。

同じようなビジネスでも、そこに何らかの切り口を見つけて、なんらかの斬新なサービスを考えて、それに特化し、特徴化し、意味づけしてアピールすれば結果が変わってきます。

「なんだそんなことか」と思うかもしれませんが、最も単純で気づかないのが面白いところです。

気づいたとしても既にどうすることもできない。

具現化することがとても難しい部分なのです。

知っていながらも解決することができず、そのままズルズル今に至るというのが多くの人の現状だと思います。

ホームページから収益を上げることは難しいことだ。

何か特別なテクニックがあるはずだと難しく考えて試行錯誤すると思いますが、高額なお金を払ってテクニックで順位を上げても、根本的な問題の解決にはなりません。

売上が上がってもSEOの施策費はかかりますし、業者への依頼を辞めれば順位が下がるのでは本当のSEO対策ではなく、SEO業者様の為のSEO対策となってしまいます。

なぜならライバル企業とSEO施策で順位を争うとなれば、順位が下がれば追加の施策で費
用が積み重なっていきます。

ビジネスの本質として、お金を使って検索順位を上げるというのは何の問題解決にもならないということをご理解いただければと思います。

一番重要なのは「ビジネスモデル」で勝負すること

WEBサイトで成果を出すにはビジネスモデルが非常に重要になります。

あなたの会社でしかできないこと

あなたの会社が他社に勝るもの

業界の固定観念

業界の盲点

業界の新サービス

いろいろな角度から検証し、どんなアイデアでも良いので、いくつか書き出してみてください。

何個か思いついたというレベルではなく、数十のアイデア、数百の切り口くらい考え頃に、「これだ!」というものが浮かんでくると思います。

これだというものが降りてきたら、それをやりたくて「いてもたってもいられなくなる」と思います。

それがビジネスの答えかもしれません。

投稿者プロフィール

GLT Consulting
GLT Consulting
1996年から検索サイトや建築図面アウトソーシング事業など、様々なサイトを運営。クライアントの価値を向上させるコンサルティングを得意とする。ビジネスモデルの構築や、WEBコンサルティングの他、ドローン撮影や図面作成、М&Aまで多岐に渡りサービスを提供している。