建設業界で活用できるWebマーケティングの3C分析について

近年、ネット環境の整備やスマホの普及も相まって、Webマーケティングの重要性が高まってきています。建設業界においても、新規顧客の獲得においてWebマーケティングを活用する事業者が増えてきました。Webマーケティングと一口にいっても、その手法は多種多様です。まずは、Webマーケティングの基本から理解していくことが肝要となります。今回は、Webマーケティングにおいて中核となる「3C分析」に的を絞って解説していきます。

3C分析とは

3C分析とは、Webマーケティングにおける顧客獲得において「Customer(顧客)」「Company(自社)」「Competitor(競合)」の3者に焦点をあてて分析する手法です。3つの英単語の頭文字をとって「3C理論」と名付けられています。

3者の関係性を分析することで、顧客のニーズや自社の強みを明確にすることができます。3Cを自然と意識してマーケティングできているケースもありますが、より鮮明に意識することでWebマーケティングの成果を高めることが可能です。

3C分析を行う際のポイント

実際に3C分析を行う際は、下記のポイントを最低限押さえるようにしましょう。

<Customer(顧客)の分析>
・顧客がどのような人か(性別、年齢層、職業、居住地など)
・顧客がどのようなニーズを抱えているか

<Company(自社)の分析>
・自社は他社と比べてどのような強みをもっているか
・顧客からどのように評価されているか

<Competitor(競合)の分析>
・競合他社の売上、サービス内容
・競合他社はどのような強み・弱みをもっているか
・競合他社は市場からどのように評価されているか

建設業界においては、顧客層がファミリー層なのか、それとも投資家層であるかで競合も変わってきます。サービス内容においても、建築物の供給以外でどれだけ付加価値を提供できているのか、3C分析で浮き彫りにすることが可能です。

3C分析では、最初に顧客・市場の分析を行う

3C分析では、最初にCustomer(顧客)と市場の分析を行うことが肝要となります。というのも、顧客と市場を正確に分析できていないと、自社の強みをどのように活かせばよいのか分析できないためです。

顧客分析では「アンケート」や「市場調査」などが活用されます。調査会社に依頼してアンケート・市場調査を行ってもらう、もしくは自社のSNS・サイトでアンケートを実施するケースが多いです。

市場調査では、公的機関が公表している経済指標、人口調査、法律改正などの情報を集めていきます。公的機関以外が公表しているデータは、必ずしも信頼できるとはいえないので、利用を控えるようにしてください。

建設業界のWebマーケティングで3C分析を活用していこう

今回は、建設業界のWebマーケティングで活用できる3C分析について、基本的な内容を解説していきました。各分析の手法に関しては、より詳細なものもありますが、まずは本記事で紹介した3C分析の基本を押さえることが肝要です。3C分析の基本を押さえるだけでも、Webマーケティングの精度を高めることができます。3C分析を活用して、競合他社に差を付けていきましょう。

投稿者プロフィール

GLT Consulting
GLT Consulting
1996年から検索サイトや建築図面アウトソーシング事業など、様々なサイトを運営。クライアントの価値を向上させるコンサルティングを得意とする。ビジネスモデルの構築や、WEBコンサルティングの他、ドローン撮影や図面作成、М&Aまで多岐に渡りサービスを提供している。